得ネタ

岡地証券の使い方や手数料について

株の売買はネットを使って「いつでもどこでも」、がごく普通になってきました。

しかし、なかには対面営業にこだわる証券会社もあります。そのなかのひとつが岡地証券です。

どのような魅力があるのか、また手数料などの気になる情報についても解説します。

 

対面営業とネットの違いとは?岡地証券は実際どうなのか?

対面営業は、言ってみれば昔ながらの証券会社です。

営業マンから直接情報をもらい、意見を求めながら投資先を決めるというような流れになります。

逆にネット証券会社は、自動更新の株価ボードや、トレーディングツール、そしてアプリなどのオンラインでの取引が可能ですが、自分で情報収集を行い投資先の銘柄を選定して投資するという事になります。

対面営業のメリットは当たりの営業マンなら投資も上手く行きますが、デメリットを言えばこちらから営業マンを選ぶことは出来ません。

しかし、岡地証券はこういった対面営業のデメリットの部分を感じさせないサービスを心がけているように思えます。

営業マンとしては、業績を上げるためにお客が損をしたとしても関係ないわけです。

しかし、岡地証券の場合はまず信頼作りから始めるのです。

そこから投資の話にはいるのですが、買って欲しい銘柄をごり押しするのではなく、更に慎重にお客の要望を満たす事を心がけているのです。

地域密着型の対面営業を探しているのであれば、岡地証券は非常に優れていると言えます。

スポンサードリンク


 

口座開設について

岡地証券で取引をスタートするためにはまず口座開設が必要になります。

必要なものは本人確認書類、マイナンバー、印鑑で、岡地証券の窓口に行き店頭で口座開設の手続きを行います。

岡地証券の本店は名古屋市です。そのほかに東京支店、愛知、岐阜、三重と合計12支店あります。

無料の投資セミナーも定期的に行っていますので、興味がある方はホームページで確認してみましょう。

更に岡地証券では紹介キャンぺーンも行っています。

友達や家族を紹介した場合には2000円相当のギフトカードプレゼント。また口座移管手数料キャッシュバックキャンペーンなどがあります。

 

手数料について

岡地証券の手数料について解説する前に、対面証券会社とネット証券会社の手数料に違いについて知っておく必要があります。

対面証券会社とネット証券会社の手数料には、大きい所だと約20倍も差があります。

ネット証券会社の強みは店舗を持たない事です。営業費用や人件費がかかりませんので、手数料を安く設定することが可能になります。

対面証券会社の岡地証券の場合ですが、委託手数料はネット証券会社よりも割高になります。
詳しくはこちらの手数料解説ページで確認可能です。

委託手数料等



証券会社を選ぶ時は、何を基準に選択するかをしっかり決め、様々な部分を比較した上で選ぶことをオススメします。

証券会社にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

目的に合わせた証券会社選びをしましょう。

スポンサードリンク